HOME >おまとめローンとは

おまとめローンとは

まず、最初に「おまとめローン」の特徴についてお話したいと思います。

2010年6月18日に施行された「改正貸金業法」は、既存の借入先や借入利率を見直す機会として注目されています。

そして、この機会に複数の既存借入先の一本化ができる「おまとめローン」に関心を寄せる人も増えています。

この種類の商品の大きな特徴は、複数ある借入先を一本化することで、毎月の返済額を正確に把握できることにあります。

また、複数の借入先それぞれに返済する必要がなくなり、それに伴う振込や返済の手続きなども軽減されるというメリットも生じます。

さらに、口座からの自動振替を利用することで、具体的な金額が通帳に記載されるため、公共料金なども含めた毎月の必要経費を把握することができます。

借入返済で大切なことは、毎月の返済額を確実に知っておくことです。
利率や返済期間など全体像を正しく把握することで、今後の人生設計をより具体的にしていくようにしましょう。

複数の金融機関から借入を重ねることで最も恐れることは、自分の返済能力を超えた負債を抱えてしまうことです。

「おまとめローン」は、自分の借入金額を正確に把握して、今後の人生設計を具体化するためにもお勧めの商品です。

おまとめローンって、どんなローン?

複数の金融機関からの借り入れをまとめて返済するためのローンを、「おまとめローン」と呼びます。
以前は地方銀行や信用組合など、一部の金融機関でしか取り扱っていませんでしたが、銀行や信販会社、さらには消費者金融でも取り扱うようになったことから、一般に広く知られるようになりました。


担保や保証人は必要なの?

お申し込みの金融機関によってまちまちです。
『原則的に担保や保証人が不要』のケースもありますが、中には『場合によっては担保や保証人が必要になる』ケースもあります。

もちろん借り入れ件数や借り入れ金額といった条件にもよりますが、金額が大きくなる場合には担保や保証人が必要となる場合が多いようです。
特に銀行などのおまとめローンでは、担保や保証人が不要であっても、信用保証協会の保証を要求されたり、団体信用保険の加入が義務付けられたりする場合もあります。


申し込みの際に、準備しておく書類は?

運転免許証と健康保険証の裏と表のコピーは必要になります。
また、申し込み金額が50万円を超えるようですと、源泉徴収票や給料明細などといった所得を証明する書類も必要になります。
申し込みにあたっては、あらかじめそれらを準備しておきましょう。


どのくらいの融資が受けられるのでしょうか

明確な基準はありませんが、年収の50%程度が借り入れの限度となります。
この基準は過剰貸付防止のため、各社ごとに社内規定によって決められています。
気になるようでしたら、審査を受ける際に問い合わせてみるのもいいでしょう。

ただし、過去の借り入れ状況やクレジット事故歴などによっては、年収の50%以内であっても融資を受けられなかったり、融資額が抑えられたりもします。

おまとめローン人気ランキング

001-001.gif みずほ銀行カードローン・・・金利年4.0%から14.0%最大ご利用限度額1,000万円

no2.gif 三井住友カードゴールドローン・・・・実質年率4.5%~9.8%、ご利用枠500万円まで

NEXT→ | オススメの理由とは

会社別比較