HOME >オススメの理由とは

オススメの理由とは

 

借入の一本化を目的とした「おまとめローン」は以前からも存在しましたが、今年に入ってから注目されるようになった背景には「改正貸金業法」の施行があります。

2010年6月18日に施行されたこの法改正により、これまでの高利率を見直す金融機関が増えてきたのです。

金融機関の貸付利息は、これまでの「出資法」の上限金利による年29.2%から20.0%に制限されました。

また、「利息制限法」の貸付金利は、貸付額に応じて年15.0%~20.0%に設定されていますが、それを超える利率での貸付実行は行政処罰の対象になります。

「改正貸金業法」の施行により、これまで行政処罰の対象にならなかった「グレーゾーン」が法規制されることになり、それが金融機関の利率見直しを後押しする形になったのです。

ちなみに「グレーゾーン」とは、「利息制限法」の15.0%~20.0%から「出資法」上限である29.2%の間のことをいいます。

「おまとめローン」は、このような法改正による金融機関の利率見直しがなされるようになった現在、オススメできる商品のひとつです。

「おまとめローン」への借り換えは、消費者にとっても自分の借入を見直す機会です。
既存借入先の利率と比較して、利率が確実に安くなる場合は借り換えの検討をオススメします。

「おまとめローン」を借りるための条件

2010年6月18日施行の「改正貸金業法」により、複数の借入を一本化する「おまとめローン」は、これまで以上に注目を浴びるようになりました。

ここでは、借入先の金融機関や商品選びの基準についてお話したいと思います。

「おまとめローン」への借り換えは、既存借入を一本化して計画的な返済をすることが大きな目的です。
そのためには、金融機関や商品選びが大きなポイントになります。 

借入先の金融機関や具体的な商品を選ぶときは、可能な限り低金利で、しかも借入限度額が大きいもの、無担保・無保証人でも借入可能なものなどが条件としてあげられます。

また、複数の金融機関で借入をしている場合でも、新たな申込みができて審査が通りやすいところを希望する場合もあります。

そのような条件を満たす「おまとめローン」として、年5.0%~13.5%の低金利で、借入限度額500万円の「オリックス信託銀行」があります。

「楽天銀行」は、年4.9%~17.8%の金利で、4.9%の超低金利から借入可能なことや、借入限度額は同じく500万円まで設定可能なことも魅力的です。

さらに「モビット」は、年7.5%~18.0%の金利で借入限度額は300万円ですが、審査や回答の速さ、審査の積極性に特徴がある「三菱東京UHF銀行系」のため安心して利用できます。

おまとめローン人気ランキング

001-001.gif みずほ銀行カードローン・・・金利年4.0%から14.0%最大ご利用限度額1,000万円

no2.gif 三井住友カードゴールドローン・・・・実質年率4.5%~9.8%、ご利用枠500万円まで

NEXT→ | 借りるための条件

会社別比較